グラデーションの色の問題

先日お客様からお預りしたIllustratorのデータの中に、黒い下地の上にぼかした白いオブジェクトがありました。
グラデーションになっている部分を拡大すると…

画像01  画像02

グラデーションの部分が紫色に見えませんか?
実はこのデータ、黒いオブジェクトのCMYKの数値が、C:40%,M:%40,Y:0%,K:100%になっています。
画像03

リッチブラック

なぜこのような作りになっているかというと、下地になっている黒を、リッチブラックと呼ばれる黒々とした黒に見せるためです。

画像04

ポスターで大きく使うスミ文字や、背景の広範囲に黒を使う時などにリッチブラックを使用すると美しい黒になるのです。
※総インキ量は320%まで

リッチブラックとグラデーションを併用したことでの問題点

しかし今回のデータの問題は、リッチブラックにした背景の上に、白のぼかしが乗っていることです。
Kの他にC:40%,M:40%が入っているので、グラデーションの途中でその2色の色が出てきてしまい、紫色に見えるのです。
高級感のある黒に見せたいのに、グラデーションの部分に紫色に見えてしまうのは違和感があります。
そこでデータに少し手を加えてみました。

美しいグラデーションに見せる

画像05

  • 1番が最前面で、順番に重なっています
  • 2番にスミ100%のオブジェクトを挟むことで、リッチブラックをスミ100%にリセットする
  • 境界線をぼかして、リッチブラックとスミ100%の境目が自然になるように
  • スミ100%のオブジェクトを白のオブジェクトより大きくし、調子を見ながらグラデーションを調整する

これできれいな黒のグラデーションになりました。

画像06  画像07

データの作り方もひと工夫するだけで、より質の高いものを作ることができます。
特殊なデータやデザインの印刷物を作成したいという方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

  |