人には感知しやすい色や寒く感じる青系などの寒色、飛び出して見える赤系の進出色など、さまざまな特徴を持っています。

その中のひとつに、色に錯覚がおきる不思議な対比現象があります。
ある色の背景にその色よりも高い彩度色を配置すると、前面の色は本来の色より彩度が低く見えるようになります。また前後を反対に配置すると手前の色は彩度が高く見えてしまします。

2つの図の中心にある色は、どちらもまったく同じ色です。右の図のほうが左に比べて明るく鮮やかに見えると思います。

これは気に入って買った洋服が店の外や違う場所で見てみると、派手に見えたり地味に見えたりする経験があると思いますが、まさにこれが「彩度対比」によるものです。このように周りの色に影響され、本来の色に見えなくなることもあるので、色の難しさは尽きません。

製作上こういった色の錯覚などにも注意しながら今後も取り組んでいきたいと思います。 オンライン ブラックジャック

関連記事

  |