「断捨離」という名前のついた本が本屋さんにたくさんあります。「片づける」とか「捨てる」とか、そういった名前の本もたくさん出ています。

そんな本を横目でみながら<むしろ誰かに片づけてもらいたい>と思う、片づけ下手な私です。

色々なものが整理できずにいますが、趣味でつくった作品たちもそのなかのひとつ。

いっそぜんぶ写真に撮り、気にいったもの以外のものは捨ててしまえばいいのに。と心の片隅で思います。

 

そんな自分が<あったらいいかも>と思ってサンプルでつくってみたのが、『フォトブック』です。

 

趣味や旅行で撮りためた写真に「ひとことコメント」をつけて、まるで売っているかのようなブックレット。大きすぎず厚すぎず、でしゃばりすぎず。記念に残しておきたい写真に、そのとき感じた『想い』を加えて記憶を形にしたい。

 

家を建てる人だったら施工中から完成までの写真を載せるのもいいでしょう。家族の記録でもいいでしょう。

 

あとそれから。

 

自分が住んでいた家の記録。写真に撮っておけばよかった、と残念に思います。

家はリフォームしたり引っ越したり、内装が変わっても印象がけっこう変わります。自分が小さなときの家の記憶はもうぼんやりと不確かなものになってしまいました。

 

ささいな記憶ですが、心なごむひとときになったと思います。

関連記事

  |