当社では品質管理の一環としてカラーマネジメントを実施しております。

印刷機、プリンターなど違う機器でも近い色味が表現できるように色管理を行っています。

その色管理をするために、ターゲット印刷を行い、イメージコントローラを使用し、色の測色・調整をしています。

測色をするとPC内でレポートが作成され、ドットゲインカーブを見ることができます。

そのカーブを目で確認するだけでなく、数値もチェックして厳しく管理を行っております。

下の図がレポートで作成されたドットゲインカーブです。

ドットゲインとはCTP出力時の網点が印刷されることで変化することをいいます。

この網点が変化すればするほど印刷した色が変わってしまいます。

(ドットゲインはインキ、水、用紙、印刷機etc.多くの要素により変化します。)

そのようなことを防ぐために用紙(コート紙、マット紙、上質紙、ラフ紙)、線数、印刷機ごとにターゲット印刷を行い、適正なドットになるように微調整をしています。

当社ではお客様に満足していただけるよう、日々品質管理を徹底的に行っております。

皆様に信頼して頂けるような印刷物を提供できるように更に努力を続けていきます。

関連記事

  |