ドキュメントのラスタライズ効果設定で見た目が変わってしまう

Adobe Illustrator9以降の透明効果機能の使用に伴い、メニューの中に「ドキュメントのラスタライズ効果設定」という項目があります。(下の画像はIllustratorCS5)

ドキュメントのラスタライズ効果設定

設定の中には「解像度」という項目があり

  • スクリーン(72ppi)
  • 標準(150ppi)
  • 高解像度(300ppi)
  • その他(任意の解像度を入力)

の4つが選択できます。
ドキュメントのラスタライズ効果設定 解像度

この解像度の設定によって、「効果」の中にあるぼかし・ドロップシャドウの見た目が異なってしまう、という問題があります。

高解像度(300ppi)にした場合

印刷物に使用する画像の解像度が実寸で300ppi~400ppi必要なのと同様に、ラスタライズ効果設定値もまた「高解像度(300ppi)」になっていることが望ましいです。

ドキュメントのラスタライズ効果設定300ppi

高解像度(300ppi)設定のドロップシャドウ

(クリックすると大きな画像になります)
高解像度(300ppi)設定のドロップシャドウ

スクリーン(72ppi)にした場合

ドキュメントのラスタライズ効果設定72ppi

スクリーン(72ppi)設定のドロップシャドウ

(クリックすると大きな画像になります)
スクリーン(72ppi)設定のドロップシャドウ
高解像度(300ppi)と同じ設定でドロップシャドウ効果をかけたものですが、解像度が低いためにぼかし部分のピクセルが気になります。

モニターの画面では分かりにくいかもしれませんが、印刷物になるとその違いは顕著に出てしまいます。
お客様の作成されたデータの中には、このラスタライズ効果設定の値が「スクリーン(72ppi)」になっているものが意外に多いです。
せっかくデザインに凝ったものを作成しても、ちょっとした設定の違いで完成品の見栄えにかかわってきますので、データ作成時にはご注意ください。

関連記事

  |