屋外に掲示していたポスターが、気付いたら色褪せしていたという経験はありませんか?
これはインキが変退色してしまって起こった現象です。

通常のインキでは、スミやシアンは耐光性が高いのに比べベニやイエローは耐光性が低いといわれています。
そのため、長時間屋外に掲示していると太陽の紫外線や、室内でも蛍光灯の紫外線によってベニやイエローが退色してしまい、色褪せた状態になってしまうのです。
よく見かける色褪せたものが青っぽくなっているのはそのためです。

その対処法として耐性インキを使う方法があります。
紫外線に壊れにくい顔料を使用しているため、長時間屋外に掲示していても退色しにくいため色褪せを防ぐことができます。

せっかく作った大切な作品がすぐ色褪せてしまうのは悲しいことですし、効果も半減してしまいます。
ちょっとの工夫でこれらを未然に防ぐことができます。

online casino canada

関連記事

  |