印刷物の校正刷りに書き込んだ、訂正文字や校正記号のことです。
目立つようにするために赤鉛筆か赤のサインペンで書き込むので、赤字といいます。
このことから、校正をすることを「赤字を入れる」、
写植やDTPのオペレータが校正どおりに直すことを「赤字直し」と呼んでいます。
指示や訂正そのものを「赤字」ということもあります。
赤字の説明

この「赤字」というのは、修正箇所を見落とさない、という意味でも非常に重要なものです。
指示が的確であればその分だけ、修正も早く行えます。
鉛筆などで修正を書かれるお客さまもいらっしゃいますが、ぜひ「赤字」をご活用ください。

関連記事

  |