広告への「AR」の活用は無限の可能性を秘めています。
「AR」の出現で情報伝達ツールとしての紙の価値が見直されています。
名刺・チラシ・雑誌・広告・カタログ・パンフレットなどの紙媒体の広告にあらゆる情報を付加することが可能です。
活字や写真を眺めるだけの紙媒体から、動画やCGといったコンテンツを楽しむ媒体になります。
その他、観光やイベント、キャンペーンへの応用も加速しています。
iPhone、Android などのデバイスに対応した専用の「AR」アプリを、大手企業では独自のアプリを配信しており、最近、都内では良く見かけます。

大手コーヒーshopでは、スマートフォン向け無料アプリを配布。テイクアウトカップのロゴや、新商品ご案内のリーフレットなどの各種ツールと連動した「AR」アプリです。
コーヒーshop自社で配布しているフリーペーパーで楽しめます。

You Tubeでも「AR」で検索すると、たくさん投稿されていますよ。

ぜひ、チェックしてみてください。

関連記事

  |