現在、お客様がご自分で撮影されたデジタル画像を原稿として入稿するケースは一般的となっています。
しかし手軽にデジカメで撮影出来てしまう分、印刷会社で画像をお預りして作業する際にトラブルが起こりやすくもなっているのです。

印刷物に適した解像度

印刷に適した画像データの解像度は、実寸で300dpi~400dpiです。
(モノクロ2階調の場合:1200dpiを推奨)

※デジタルカメラで撮影した画像はほとんどが72dpiになっておりますのでご注意ください。
※サイズが大きなポスター等で使用する画像の場合、解像度は200dpi~300dpi程度で作成していただいても、遠目に見る場合には問題ありません。

解像度が低いとどうなるの?

解像度の違い 比較右の画像は解像度が72dpiと350dpiの画像データの比較です。
パソコンのモニターで見ている場合、72dpiの解像度でも問題なく綺麗に見えます。
しかし実際に印刷されると、粗くぼやけた印象になってしまうのです。

解像度の確認方法

解像度の確認(Windowsの場合)

  • 画像を右クリックし、プロパティを開く
  • 概要タブを開く→詳細設定

解像度の確認(Windowsの場合)
サイズ(幅・高さのピクセル数)・解像度を確認してください。

解像度の確認(Macintoshの場合)

  • 確認したい画像をプレビューで開く
  • [ツール]→[書類の情報]

解像度の確認(Macintoshの場合)
サイズ(幅・高さのピクセル数)・解像度を確認してください。

関連記事

  |