現在印刷方式の主流の一つとしてオフセット印刷というものがあります。

オフセット印刷とは、刷版(絵柄のついたアルミ板)についたインキをブランケットと呼ばれる転写ローラーにいったん移し(オフ)、そのブランケットを介して印刷用紙に転写(セット)する印刷方式です。
そのことからオフセット印刷と呼ばれています。
オフセット印刷には大きく分けて2種類あります。枚葉印刷輪転印刷です。

枚葉印刷

決まった大きさの紙を1枚ずつ機械に通して印刷する方式です。リーフレット、パンフレット、ポスターなど商業印刷物に広く使われています。写真などを美しく見せたいなど、クオリティーを求めるものに適しています。

輪転印刷

印刷機にロール紙をセットして印刷する方式です。枚葉印刷の数倍の高速で連続的に印刷でき、また、機上でインキ乾燥、用紙の折りと断裁ができるため、新聞、折込みチラシ、雑誌など短時間で大量の部数が必要な印刷に適しています。ただしセットできるロール紙の幅はオフ輪機の機種に制約されます。

一概に印刷物といって上記の他にもさまざまなタイプの印刷機(グラビア、フレキソ、シルク、活版 etc.)で印刷されています。
今度印刷物を手に取った時、「どんなの印刷機で印刷したのかな。」と考えてみるのも面白いかもしれません。

関連記事

  |