勉強。 学習。

と聞くと、「つまらない」とか「めんどくさい」と、反射的に感じませんか?

「勉強 イコール つらくて大変」と刷り込まれてしまっている気がします。

ところが、そんなイメージをくつがえすTV番組に出会いました。

Eテレで再放送していた『スタンフォード大学白熱教室』です。

http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/stanford.html

なんという、自由で活気あふれる、生き生きした授業なのでしょう!

その番組を見たのはたまたまだったのですが、あまりに面白く、感動してしまいました。

『ブレインストーミング』というのを初めて知りました。これほどおもしろい講義なら受けてみたいと思いましたし、こんなに楽しいならぜひ勉強したいと思いました。講師のティナ・シーリグ教授が「カリスマ的存在」といわれるのがとてもよくわかります。

私も久しぶりに学習意欲がMAXに高まりました。ただ純粋に学びたいという気持ちです。

さて、自分が学生だったときに、これほど「おもしろい」と思う講義があったかどうか。

いま学生のみなさんはどうでしょうか。

「楽しい」「もっと勉強したい」と思える講義や興味の対象に出会えることは本当に幸せなことですね。

関連記事

  |