先日、美容院からDMが届きました。

「そろそろお手入れの大変になってくる時期ではありませんか?」
と、ぴったりな時期に届いたDMには、前回来店した際に美容師さんに話していたパーマの割引もつけられていました。
仕事のマニュアルに沿ったものなのかも知れませんが、それでも自分のことを考え、欲しい情報を掲載してくださった心遣いに、気持ちよく「また行こう」と思えたのです。

良く行くお店、あまり行ったことのないお店、様々なところから届くDM(ダイレクトメール)。

最近は携帯電話やスマートフォン宛のメルマガ(メールマガジン)が沢山のお店で取り入れられていることもあり、忙しい中では埋もれてしまいがちです。

そんな中、DMを効果的に使うには何か興味を引く、心に残るものである必要があるようです。
書かれている内容はもちろん、デザイン、紙の種類や素材など、もう一度見直してみることも必要かもしれません。
デジタルのメルマガには真似ができない工夫ができます。

「決まっているのは内容だけ。どんなデザインにしたら良いだろう?」
「デザインは決まっているんだけど、紙の種類などはいまいちピンとこない…」

そんな悩みをお持ちなら、是非ご相談ください。納得の製品のためのお手伝いをさせていただきます。

また、掲載する情報や画像の差し替えができる印刷方法もあり、それぞれのお客さまごとに対応したDMの作成も可能となっています。

せっかくのお客様とのかけ橋となるツールです。
お互いが幸せになれるものを、一緒に作ってみませんか?

関連記事

  |