皆さん「カラーユニバーサルデザイン」ってご存知ですか?

簡単に言いますと、目の疾患によって色の見え方が一般の人とは異なる人に配慮して、出来る限りすべての人に情報がしっかりと伝わるよう利用者側の視点にたってつくられたデザインを言います。
その背景には、現代社会において「色」はますます重要な伝達手段となっています。
数年前までは白黒だったものがどんどんカラーになってきました。

例えば、公共施設の案内表示、教科書、パンフレット、路線図、携帯電話、家電製品の動作表示ランプ・・・色分けにより伝えやすくしたつもりが、一部の人にとっては伝わりにくくなってしまったんですね。
考えてみてください、もし自分がそういう疾患を持っていたら?
今後ますます高齢化が進む中、こういった方々を支援していくことは私たちの役目ではないでしょうか。

皆さんと一緒に是非ともそんな方々のお役に立てれば幸いです。

関連記事

  |